観葉植物-育て方

フィカス アルテシマの育て方|水やりや置き場所や風水について

フィカス アルテシマ

フィカス アルテシマの特徴

ゴムの木の一種で、明るい緑と黄色っぽい2色柄(斑)が特徴的で、葉に丸みがあるので、やさしい雰囲気がインテリアグリーとして人気のある観葉植物です。しっかりと強い光にあたると、斑の柄はっきりときれいに出てきます。

フィカス アルテシマついての詳細

学名:ficus altissima
科名:クワ科
属名:フィカス属
原産地:東南アジアなど

育つ環境

置き場所

【室内で育てる】

フィカス アルテシマは、明るいところを好みますが、ある程度の耐陰性もあります。室内でなるべく明るいところにおいてあげることをお勧めします。エアコンが直接当たる場所に置かれると、体調を崩しやすかったりしますので、直接エアコンが当たる場所は避けてください。

【室外で育てる】

なるべく明るくて、風通しのいい場所に置いいただいたほうがいいです。しっかりと光にあてると、斑の柄が
寒さにはあまりつよくはないので、冬は室内のなるべく明るい場所で管理していただくことをお勧めします。

明るさ

ある程度、日陰でも育っていきますが、できる限り明るく日当たりのいい場所に置いてください。日の光にしっかり当たると、斑の柄がきれいに出てきます。ただ、夏場にいきなり直射日光に長時間あてると、葉が焼けることがありますので、徐々に慣れさせていくようにしてください。

温度

寒さに弱い植物になります。冬は、なるべく5℃以下になると体調を崩しだして、葉を落としたりします。5度以上の温度を保てる室内で管理されることをお勧めいたします。

水やり

土を触って乾いていたら、下の穴から水がしっかりと出てくるぐらいあげてください。冬はしっかりかわいてから2~3日後にあげてください。水やり後に受け皿に水がたまった状態だと、根腐れの原因になったり。害虫の発生の原因になりますので、受け皿に水がたまらないようにしてください。

肥料について

春から秋にかけて、水やりのときに液体肥料を混ぜてあげるか、緩効性の置き肥えを1ヶ月ごとにあげてください。冬は、成長が止まりますので、肥料は与えないほうがいいです。

植替えについて

鉢の下の穴から根が出てきたら鉢の中に根が詰まっている証拠になります。水分や養分をうまく吸い上げることができなくなり枯れる原因になります。また、植え替えて2~3年たったら、土の養分がなくなってしまったと考えることができますので、定期的に、一回り大きな鉢に植え替えを行っていただくことで、だんだん、大きく育てていくこともできますよ!

剪定と挿し木について

成長していくと、枝が伸びすぎてきますので、枝を剪定してあげることで、形を整えてまた、切った下から新たに新芽を出してきます。
剪定で切った枝を、挿し木(土に植える)してあげると根が出てどんどん成長していきます。剪定や、挿し木は、春から初夏の成長期にしてあげましょう。

害虫対策について

ハダニ・カイガラムシの対策

風通しが悪くて乾燥していると、ハダニやカイガラムシが発生して、葉の養分を侵食してしまいますので、なるべく風通しがいい場所に置いてください。また、1日1回以上全体に霧吹きをしてください。
もし、葉の裏や枝にハダニやカイガラムシがは発生したら、早めにふき取って駆除して全体に広がらないようにしましょう。

コバエの対策

鉢の受け皿に水がたまったままにしていると、コバエが発生する原因となりますので、受け皿には水をためないようにしてください。
こちらにも観葉植物の害虫対策について記載していますので、ご参考ください
「観葉植物の害虫対策|予防や駆除方法」

花言葉について

フィカス アルテシマの花言葉は、「永遠の幸福」
とても縁起のいい花言葉です。お祝いに贈られるにはとてもいい植物ではないでしょうか

風水効果について

「金運」「リラックス」他「陽」の気があるということでリビングなどにおかれると陽気で明るくしてくれて運気が上がるといわれています。

フィカス アルテシマについてまとめ

最近は、よく見かけるようになったゴムの木の一つになると思います。斑の入った緑が、ライム系の色合いで明るさがあって、人工的に枝をまげて作られているものも多く、枝ぶりが個性的なものが多いのも特徴の一つで、インテリアにとても映える印象があります。