観葉植物-育て方

観葉植物を室内で育てる|植物育成LEDライトおすすめ10選

出典:amazon
部屋で植物を育てようとおいてみたら、日当たりがよくなくて、育てることが難しかった経験はありませんか?

そんな悩みを解消してくれるアイテムが、植物育成LEDライトなんです

植物育成LEDライトは生産者の方々にも使われていて、日照不足を補い、植物の成長を効果的に促してくれます。

ご家庭でも、部屋の日当たりが悪くても、気候に関係なく室内で植物を育てることが出来ます。

LDEライトは、電球の寿命も長く消費電力も低いのでコスパもいいです

今回は、その植物育成LEDライトの選び方やおすすめ商品を記載しています。室内で植物を育てていくための参考にしてください

ぜひ、植物育成LEDライトを使って室内で植物の育成を楽しみましょう!

植物育成LEDライトを用途に別に選ぶポイント

機能性別で選ぶ

植物を育てる目的別に機能性を考えてLEDライトを選ぶことも大切です
LEDの種類を記載いたします。

フルスペクトルLED

太陽光に近い光を出すことができ、多彩な光を出すことが出来るLEDになります。

植物の成長さらに発芽、開花にも活躍し、室内でしっかりと成長させたい時にはおすすめです。

高出力LED

高出力LEDは、強い光量を出すことが出来るので、広範囲に満遍なく植物tに光を当てることが出来ます。

たくさんの植物に光を当てたい場合におススメです。

光が強い分、熱を発生しますので、植物との距離に注意をしましょう

調光機能LED

光の色を調節することが出来、さまざまな波長の光を再現できるので、

発芽の時から結実、収穫までに必要な光を効率よく与えて、収穫するまでの期間を調節することができます。

タイマー付きも便利です

育成ライトで植物を管理する場合、12時間照射が必要とされています。

それを目安に、お部屋の状況により自然光が入る時間や、

季節なども考慮して育成ライトをどのくらいの時間つけるかは

人それぞれに違うと思いますが、タイマーがないと外出時に時間の調整が出来ません

タイマー機能を使うことで、外出時に消したりまた、点けることもできるので、無駄なく明かりを調整することが出来て便利ですよ

設置方法に合わせた植物育成LEDライトおすすめ10選

LEDライトで重要なのが設置方法になります。

上から吊るす「吊り下げタイプ」や棚の柱などに挟む「クリップタイプ」など

植物を置く場所や大きさに合わせて、植物とランプの距離を調整したりと、設定設置方法は重要です。

今回、設置場所別におすすめの育成ライトと電球を紹介いたします。

クリップタイプ

大きなクリップがついてますので、棚の柱などに挟んで簡単に取り付けることが出来ますし、気軽に移動させることもできます。

クリップで挟める場所が近くにない場合、設置できないデメリットはあります。あと、電源をとるためのコンセントの配線にも注意しましょう

植物育成LED PlantLight18W BA-18WR14B4+BA-CRP1

クリップタイプで、付けることのできる土台があれば場所は自由に設置することが出来るので、背が高い植物にも対応できます。
太陽光に近い植物の好む波長でできていて、観葉植物だけでなく水耕栽培やバジル野菜などにも対応しています。

富士倉(Fujikura) 植物育成用 クリップランプ KY-08W-SC

口金をなくして、完全密閉にすることで防水となってますので湿度の高い場所でも使用可能です。

さらに汚れがひどい場合は水洗いも可能です。

電球タイプで照射角度が200度以上あるので、広範囲を均等に照射することが出来ます。

アームタイプ

アームの部分を自由に動かすことが出来るので、植物に合わせて、位置を変えて細かく調整することが出来るのが魅力です。

比較的小さめな植物に使いやすいです。
大きい植物だと、全体に光を当てることが出来ないのであまり向いてないと思います。

Homitt1 植物育成 LED ライト タイマー機能 無段階調光 192球LEDランプ搭載 4ヘッド付き

全光スペクトル設計で自動で、ONとOFFの設定可能タイマーがついています。

ステンレス製のアームで柔軟性があり、自由自在に向きを変えたり角度を変更することが出来ます。

ZHIZHENZHUOY植物育成ライト 屋内植物成長ランプ、75W 126LED植物ランプ

フルスペクトルLEDで、屋内で育てる成長段階のすべての植物に有効です。

3つの時間でタイマーの設定が出来て、ONとOFFを手動で行う必要がないので、とても便利で

3つのアームが小さめの植物を幅広く照射してくれますし、自然光に近いので植物育成だけでなく、読書用のライトとしても使いやすいです。

吊り下げタイプ

吊り下げるタイプは、天井からつるして、大型の植物に当てることが出来ますし、棚に設置して、たくさんの植物に光を当てる場合におすすめです。設置すると、クリップタイプなどと比べると、簡単には移動させることが出来ないので、事前に設置場所などを確認をしておきましょう

OUMMET LED 植物育成ライト 1200W タイミング定時機能(4H/8H/12H)フルスペクトル ダブルチップ

100個のフルスペクトラムLEDライトで観葉植物から水耕栽培、家庭菜園用など幅広い用途に使うことが出来ます。

タイマー機能も3段階あり、照射時間を細かく設定することが出来て便利です

JCBritw 植物育成ライトLED 100W植物ライトフルスペクトル スタンド付き

ベジ/ブルーム/オールオンと3段階で光を調整して、発芽や開花、育成に合わせた調整が可能で

3段階のタイマー機能も便利です

吊るしタイプだでけなく、付属の備品でスタンド式にすることもできるので大きさなどに合わせて、幅広く調整ができます。

Derlights 植物育成ライト100W相当 フルスペクトル 414LED E26口金 暖色系

暖色系のフルスペクトルLEDライトは低い商品電力で経済的で、3灯のバルブが90°から180°まで調整可能となっていて

少ない植物を集中的に明かりを当てることも、広範囲にたくさんの植物に光を当てることが可能となっています。

スタンドタイプ

スタンドタイプのランプは、背丈の高いものからテープるランプ位のものまでありますので、インテリアとしてスポットライト的な使い方もできるので、オシャレなデザインのものが多いです。お部屋の雰囲気も考えながら選ばれるのもおススメですよ

BARREL LED PlantLight 110cm 18W スタンドタイプ 植物育成用 BA-18WR14B4+BA-CRP1

高さのあるスタンドライトで、大きな植物にも対応することが出来ます。

植物の育成用のライトとしてだけでなく
インテリアとしても、おしゃれなつくりになっていますので、室内でも使いやすいです。

BARREL LED PlantLight 10W スタンドタイプ 植物育成使用 BA-10WRBG

植物の育成ライトとしてもしっかりと活躍してくれアーム部が動かすことが出来るので、高さの調整が出来ます。

場所をとらず、シンプルなつくりでオシャレなので、デスクライトとしてもインテリアになじみやすいですよ

電球

LED PlantLight 18W 植物育成使用 白色電球 E26 BA-18WRGB

最後に、LEDライトの光量をルクス計で測ってみた


私が、育成ライトを使う時は、冬に室内でなかなか日光に当てることが出来ない時、コウモリランなどに

補助的にLEDライトを使って、発芽などをLEDライトでやったことはないですが

ライトを当てていた方が、元気に力強さを保ってくれている印象でしたが、アバウトな感覚になりますので

一度ルクス計で、図ってみました

植物はどのくらいのルクスがいるのか?

耐陰性のある植物で
300ルクス~500ルクス

通常の観葉植物で
1,000~1,500ルクス以上といわれています。

育成用ライトの距離によってルクスの数値に違いがでますが、

LEDを10㎝くらいの位置で5,600ルクス以上(画像のルクス計は、単位が一つ少ないです)

なので、室内でも育成用LEDライトでしっかり育てることも可能ですね!