観葉植物-育て方

運気を上げる!風水的におススメな観葉植物をご紹介 | 置き場所や方角について

観葉植物と風水の画像

風水効果を考えて観葉植物をお部屋に置く際に重要なポイントが、置き場所と方角です。

観葉植物の持つ良いパワーを発揮させるためにも、大切です。

風水っていったいなに?

風水とは自分の取り巻く環境を、より良くすることで悪い気を浄化し、良い気をとりこむ環境学のことです。

風水は、きちんとした学問であり、昔から人々の暮らしと密接に関わってきていました。

風水のメリットは、自分の環境を整えられることだといえます。

自分がリラックスできる効果を生み、なおかつ運気が上がるとしたら、これほど良いことはありませんよね。

観葉植物の風水的効果は?

観葉植物の持つ自然のエネルギーは、風水の効果をより高めるという相乗効果があります。

目に入るだけでもリラックス効果を生む観葉植物は、実際にも悪い気を浄化してくれる効果があるのです。

風水的おススメ観葉植物10選

ここからは、良い気を運んでくるといわれているおすすめの観葉植物を、10種類ご紹介していきます。

アイビー


アイビーは、日陰でも育つ耐陰性という性質により、室内の明るい場所でも育てやすくとても丈夫な観葉植物です。

風水効果

愛の運と金運アップの効果があります。

北の方角・・・金運上昇
南東の方角・・愛の運の上昇

花言葉

「永遠の愛」です。
アイビーの持つツタが、どこにでも這っていく丈夫な姿により、永遠の愛という花言葉になりました。

ウンベラータ


ウンベラータは、明るい場所と高温多湿な環境を好む観葉植物です。
土が乾いた際には、たっぷりの水を与えてあげましょう。

風水効果

どの方角においても、総じて愛の気を取り込む効果があります。
具体的な効果は以下の通りです。

北の方角・・・家族の離縁を防ぐ
西の方角・・・復縁を望む
東南の方角・・今ある愛を保つ

花言葉

丸みのある優しい感じから「すこやか」「永久の幸せ」「愛」の3つ
があります。

「すこやか」と「永久の幸せ」は、ウンベラータの生命力の強さからきているといわれ
「愛」は、葉がハートの形をしていることからきています。

エバーフレッシュ

エバーフレッシュは、明るめの場所と高音多湿な環境を好みます。

また、夜に行う休眠運動によって、葉を閉じるという性質を持ちます。
昼は葉が開き、夜は葉が閉じることから、昼と夜で違った形を見られることが特徴です。

風水効果

幸運を得られるという効果があります。

北の方角・・・健康運の上昇
南東の方角・・出会いの運の上昇

花言葉

「歓喜」と「胸のときめき」です。
どちらも、中国の言い伝えからきていて
普段は機嫌の悪い夫が、エバーフレッシュのお酒を飲んだ際に、機嫌が良くなったことで妻が喜んだということで「歓喜」となりました。

また、この出来事によって、さらに夫婦仲が良くなったことから「胸のときめき」という花言葉となりました。

ガジュマル


ガジュマルは、根っこが飛び出ているというかなり特徴的な姿が、愛らしくもある観葉植物です。
とても丈夫な植物で明るくて、温かい場所に置いて、土が乾いていたらたっぷりの水を与えてあげましょう。多少の水切れには強いので、しっかり乾いてから水やりをしましょう

風水効果

リラックスさせる効果と併せて、幸運をもたらす効果があるといわれています。

北の方角・・・金運と愛の運の上昇
南西の方角・・末永い健康

花言葉

「健康」
根が出ている容姿から、パワーに溢れ生命力が強いことが由来です。

サンセベリア


サンセベリアは、剣のように上向きに突き出ている鋭い葉っぱが特徴です。
また、マイナスイオンを観葉植物の中でも多く発生させる植物で、実際に空気を浄化するということも認められており、癒しの植物といわれています。
明るく暖かい場所を好みます。寒さに弱いところがありますので、冬は室内の明るい場所で、水を控えてください

風水効果

魔除けと厄除けの効果があります。
鬼門と言われている、北東と南西の方角に置くことで、悪い気が入ってくることを防ぐでしょう。

花言葉

「永久」と「不滅」です。サンセベリアの和名である千歳蘭という千歳に由来しています。

テーブルヤシ


テーブルヤシは、元気に跳ねるような葉っぱが特徴です。
耐陰性があり、室内のほどよく明るい場所でも育つので、すごく育てやすい植物になります。

風水効果

自分自身の成長に良い効果をもたらすといわれています。

北西の方角・・仕事運の上昇
北東の方角・・新しい環境に馴染む

花言葉

「あなたを見守る」です。
テーブルサイズだということから、テーブルから見守るという意味が由来です。

パキラ


パキラは、日当たりの良い場所を好みます。
生長がとても早いことも、パキラの特徴だといえるでしょう。
育てやすい観葉植物のため、人気度が高いです。

風水効果

運気が上昇するといわれています。

北の方角・・・金運上昇
南の方角・・・人との出会いを高める
東の方角・・・仕事運上昇
南西の方角・・家族の仲を深める

花言葉

「快活」と「勝利」です。「快活」は、パキラの生命力の強さを表しています。
また、「勝利」という言葉は、パキラによって貧困を抜け出したという言い伝えによって、花言葉となりました。

ペペロミア


ペペロミアは、可愛らしい丸く小さな葉っぱが特徴的な観葉植物です。
小ぶりな植物なのでテーブルなどに置いても良いかもしれません。

風水効果

リラックス効果を与えるとされています。

南西の方角・・集中力の向上
リラックス効果が高いため、リビングやトイレなどに置くと良いでしょう。

花言葉

「艶やか」「可愛らしさ」「片想い」の3つです。
3つの花言葉は、どれもペペロミアの持つ葉っぱの特徴と関係しています。
「艶やか」は、ぷっくりとして光沢のある様子からきています。
「可愛らしさ」は、小ぶりな様子からきていて、「片想い」は葉っぱの形がハートのように見えることに由来しています。

モンステラ


モンステラは、穴の空いた葉っぱの形が特徴的な観葉植物です。
つるを持つ性質のため、生長していく段階で、伸びる方向につるを巻いていくことがあります。

風水効果

方角によって様々な効果が得られるといわれています。

北の方角・・・金運上昇
南の方角・・・学業向上
東の方角・・・仕事の運の上昇

花言葉

「壮大な計画」と「嬉しい便り」「深い関係」の3つです。
「壮大な計画」は、モンステラのもつつる性質によって上に伸びていくことから由来がきています。
「嬉しい便り」は、切れ込みのある葉っぱから光が見えるようだとされることから花言葉とされ、「深い関係」は、ジャングルの中で生き抜いたという強さから由来しています。

幸福の木(ドラセナ・マッサンゲアナ)


ドラセナ・マッサンゲアは、太い幹と上に跳ねるように生えている葉っぱが特徴的です。
幸福の木とも呼ばれ、程よく明るい場所を好みます。
乾燥を好むため、頻繁な水やりは不要です。

風水効果

幸福をもたらし、金運の上昇の効果があるとされています。
さすが幸福の木といわれるだけあって、パワーが強そうですよね。
どこの方角に置いても、幸福の気を運んでくるとされています。
東の方角に置くと、金運の上昇が期待できるそうです。

花言葉

「幸福」「幸せな恋」「隠しきれない幸せ」の3つです。
ドラセナは、ハワイにて玄関に置くと幸福が訪れるという言い伝えから、3つの花言葉が生まれたといいます。

インテリアとして置く場所別のおススメ植物

場所によって観葉植物の風水効果は変わります。
植物の性質と風水効果を考え、より合った場所に置くことがポイントです。

リビング

リビングは、電子機器によって最も悪い気が溜まりやすい場所でもあるので、リラックス効果を生む植物がおすすめです。

ウンベラータ

調和の気を生むウンベラータは、リラックスする空間でもあるリビングに最適な植物だといえるでしょう。

シェフレラ

気持ちを落ち着かせ、リラックス効果を生むシェフレラは、陽の気を取り込む効果もあるのでリビングにおすすめです。

トイレ

トイレは窓のない場合が多いため、耐陰性があるものが良いでしょう。
水によって陰のパワーが強いために、悪い気を浄化する効果がある植物がおすすめです。

サンセベリア 

魔除けと厄除けの効果があるサンセベリアは、陰の気を浄化してくれるでしょう。

アイビー

歯の先が尖っているアイビーは、邪気をはらう効果があります。
トイレに溜まる悪い気を取り払ってくれるでしょう。

玄関

入り口である玄関には、強いパワーが詰まっている観葉植物を置くと良いです。
幸運をもたらしてくれる植物であると、運気を上げてくれるでしょう。

幸福の木

災いを跳ね除け、幸福を取り入れる幸福の木は、家の入り口から良い気を取り込むためにもおすすめの植物です。

ガジュマル

強い生命力とパワーを持つガジュマルは、調和の気を取り込むとされています。
また、多幸の木ともいわれるので、玄関に置くことで幸せの気を取り込んでくれるでしょう。

寝室

マイナスイオンを発する観葉植物によって、快適な睡眠効果があらわれるそうです。
また、気持ちを鎮める風水効果もあるとされていることから、寝室に植物を置くことはおすすめです。

ゴムの木

実際に空気を浄化してくれる成分を持っているゴムの木は、丸い葉を持つことから穏やかな気を運んでくれます。

モンステラ

丸みのある葉によって、リラックス効果を生みます。
また、風水において邪気を払う効果があるそうです。

観葉植物の室内での育て方

室内で育てる場合に大切なポイントが、置く場所・水やり・葉の状態です。

それぞれの性質は異なりますが、大体の観葉植物は、程よい明るさとなる直射日光を避けた場所に置くと良いです。

そして、水やりの頻度を考えることはとても重要です。
水をあげすぎてしまうと、枯れてしまう場合があるので、土が乾いてきた頃を目処に水を与えてあげましょう。

葉っぱの状態を綺麗に保つことも重要です。
こまめに葉っぱを潤すためにも、霧吹きなどで水を与えてあげましょう。
埃なども溜まりやすいため、適度に拭くことも大切です。

RELATED POST